ビジネスリリースオンライン http://www.rabbot.net 各業界の注目企業について紹介していきます。 Tue, 11 Dec 2018 06:39:27 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.2.31 株式会社徳 宝石の簡単お手入れ方法 http://www.rabbot.net/service/tokujewely.html http://www.rabbot.net/service/tokujewely.html#comments Tue, 11 Dec 2018 06:37:49 +0000 http://www.rabbot.net/?p=879 株式会社徳の買取サービスについてたびたび紹介していますが、扱っているものの中には宝石なども含まれます。
宝石はあまり汚れや傷がつかないイメージがあるかもしれませんが、長く使えば使うほど小さな傷が増え、汚れもついてしまいます。お気に入りのものを長持ちさせるため、そして買取サービスなどを利用したときにできるだけ高く買い取ってもらうために日ごろからお手入れをしておきましょう。
毎日できる簡単なお手入れ方法としては、外したらすぐに拭く、最後につけて最初に外す、水にぬれそうなときはあらかじめ外しておく、といったことが挙げられます。
使用後の宝石は人の汗や油などで汚れているものなので、外したらすぐに柔らかい布などで汚れをふき取り保管しましょう。
また、化粧品やクリーム、スプレー、香水といったアイテムに含まれる油分やアルコールも宝石にダメージを与えてしまいます。宝石をつける時は最後に、外す時は最初にすることでダメージを軽減することができます。
水仕事や入浴の際は外しておくことも効果的です。宝石は塩素や硫黄に弱いので地金が変色してしまうこともあります。水にぬれそうなときは外しておいたほうが良いでしょう。
本格的なお手入れをしなくても、こうした簡単なお手入れで宝石は長持ちさせることができます。買取サービスを利用する予定がない方も、デリケートな宝石のためにお手入れをしてもらえればと思います。

]]>
http://www.rabbot.net/service/tokujewely.html/feed 1
株式会社徳の理念から知る、エコロジー活動の大切さ http://www.rabbot.net/service/tokueco22.html http://www.rabbot.net/service/tokueco22.html#comments Tue, 04 Dec 2018 01:18:26 +0000 http://www.rabbot.net/?p=877 株式会社徳の理念「環境を守り、人の未来を創る」は、リサイクルでできることを端的に表しています。
一般的にリサイクルは、ペットボトルや空き缶などを分別してゴミに出し、形を変えて再利用することを意味します。しかしリサイクルはそれ以外にも様々な形で行われます。株式会社徳が展開しているような買取サービス事業も、リサイクルに深くかかわっています。
私たち消費者にできるリサイクルの種類は少ないかもしれません。しかし、一人一人がリサイクルを意識した生活を送ることで環境は少しずつ守られていきます。私たちも守られた環境で生活することで、豊かな暮らしを送ることができるのです。
あまり実感がわかないことかもしれませんが現状、多くの人の働きかけで日本の環境は守られています。数十年前、高度経済成長期だったころの日本は工場などが多く作られたためその分排水やゴミが多く、晴れた日の昼間でも曇って見えてしまうほど環境が悪化していました。このままではいけないと国全体で環境改善への取り組みを始め、ここ数年でやっとその成果が目に見えてきています。
しかしまだまだ環境に対する課題は山積みです。少しでも良い環境を目指して多くの人、企業が働きかけています。リサイクルそのものは小さなことかもしれませんが、積もり積もって環境を守ることにつながります。自分一人が何かしても変わらないのではと思わずに、日本に住む全ての人にリサイクルをはじめとするエコロジー活動を意識して生活してもらえればと思います。

]]>
http://www.rabbot.net/service/tokueco22.html/feed 0
株式会社徳 バッグ買取のポイント http://www.rabbot.net/service/tokubagp.html http://www.rabbot.net/service/tokubagp.html#comments Tue, 20 Nov 2018 01:21:51 +0000 http://www.rabbot.net/?p=874 株式会社徳ではバッグの買取も行っています。買い取ってもらう際には査定をしてもらうのですが、できるだけ良い状態を保っておくことでより高い査定額を目指すことができます。
今回はバッグの買取の際どのようなことに気をつけておけばいいのか、ポイントを紹介したいと思います。

・埃や黒ずみを取る
ナイロンやキャンバス生地の埃は掃除機で吸い取っておきましょう。取っ手の付け根部分やチャックのふちに埃がたまりやすいです。また、長く使っていると埃は黒ずみの原因となります。ガムテープや叩きなどを使って念入りに取っておきましょう。バッグの内側もチェックしてください。

・布でふき取る
皮バッグなどの汚れは乾いたきれいな布でふき取りましょう。ブラッシングして埃も払っておいてください。汚れがひどい場合は皮製品用のクリーナーが市販であるので、それを使うのも良いでしょう。

・においを取る
香水やたばこ、食べ物、カビなどのにおいは自分では気づきにくいですが、新しく手にした人は気づきやすいものです。買い取ってもらう前に風通しのいい場所に一日干してにおいを取っておきましょう。防臭や防カビ剤などが市販であるので、それらをバッグの中に入れて保管しておくと効果的です。

できれば買い取ってもらう前にこれらのことを行っておいて、きれいな状態で査定してもらってください。そうすれば使っていたものをそのまま見てもらうよりかは査定額アップが期待できます。
他の品物の場合も同様に、きれいな状態を保っておくことが大切です。

]]>
http://www.rabbot.net/service/tokubagp.html/feed 0
株式会社徳 リサイクルにまつわる5R http://www.rabbot.net/service/tokurere5.html http://www.rabbot.net/service/tokurere5.html#comments Tue, 13 Nov 2018 01:48:59 +0000 http://www.rabbot.net/?p=871 株式会社徳の買取サービスやリサイクルについてたびたび紹介しています。リサイクルの意識を持つことは地球の環境を守ることにつながるので、この記事から意識する人が増えてもらえればうれしいです。
リサイクルに関して3Rという言葉を紹介したことがありましたが、リフューズとリペアを加えて5Rと呼ぶこともあります。リフューズは不要なものを買わないことで、リペアは修理して長く使い続けることです。どちらもリサイクルと同じくらい大切なエコ活動です。
そもそもリサイクルとは、形状を変えて再度利用することです。ペットボトルから服を作ったり、段ボールなどから再生紙を作ったり、エンジンや機械類の素材であるアルミや鉄を一度溶かし新たな製品を作ったりすることがリサイクルにあたります。
似たような言葉だとリユースがあり、こちらはそのままの形状で再度利用することを意味します。フリーマーケットやオークションで古着を買うといったことはリユースにあたります。
リサイクルとリユースは似ていますが、形状を変えるか変えないかという大きな違いがあります。しかしどちらもゴミをできるだけ出さないという目的は同じなので、生活にうまく取り入れてコツコツと続けていくことが大事です。
リペアは個人で行うことは難しいかもしれませんが、たとえばお気に入りの靴が何度も履いているうちにボロボロになってしまったら、新しいものに買い替えず修理屋で修理することで達成できます。気に入ったものを直しながら長く使い続ければそれだけゴミの削減につながります。
これらの活動はすぐにでも始めることができるのでぜひ今日から取り組んでみてください。

]]>
http://www.rabbot.net/service/tokurere5.html/feed 0
株式会社徳で知るリサイクル活動と、リデュース http://www.rabbot.net/service/reretoku.html http://www.rabbot.net/service/reretoku.html#comments Tue, 30 Oct 2018 06:34:34 +0000 http://www.rabbot.net/?p=868 株式会社徳が行っている不要品買取サービスを利用すれば、家の中にある使っていないものを一度に整理することができます。もしかしたら思わぬ品物が高い価値を持っていることがわかるかもしれません。家に物が多すぎて処分に困っているときは、ぜひ株式会社徳をご利用ください。
さて、不要品は回収された後リサイクルされるのですが、私たちの日常生活にもリサイクルを取り入れることは可能です。
たとえば最近話題になっている、レジ袋の削減。これは3Rのうちのリデュースに該当します。すでに多くのスーパーマーケットでレジ袋の有料化を実施していて、数年前に比べて買い物袋を持参する人が増えました。レジ袋は家にたくさんあっても無駄になってしまうことが多いので、必要最低限だけ備えておけば問題ありません。
リデュースとはそもそも無駄なものを買ったり使ったりしないことを意味します。シャンプーやコンディショナーの詰め替え用を買って容器を使いまわすこともリデュースですし、無駄だと思うものを買わないこともリデュースです。少し意識すれば今日からでも生活に取り入れることができるので、買い物などをする際は思い出していただければと思います。
3Rはリサイクルとリデュースのほかに、リユースもあります。これは再利用できるものを繰り返し使うというものです。兄弟間の服のおさがりなどがリユースにあたります。経験のある方も多いのではないでしょうか。
常に身近にある、リサイクル活動。自然環境を守るために欠かせないことなのでほんの少しでも意識して生活していきたいものですね。

]]>
http://www.rabbot.net/service/reretoku.html/feed 0
株式会社徳で知る、様々な貴金属の価値 http://www.rabbot.net/service/tokupltn.html http://www.rabbot.net/service/tokupltn.html#comments Wed, 24 Oct 2018 00:53:00 +0000 http://www.rabbot.net/?p=866 株式会社徳の買取サービスでも扱っている、プラチナ。実はプラチナは金よりも量が少なく、とても希少価値の高い金属です。宝飾品として利用されていますが工業用としての利用も多く、近年は資産用としても注目されています。
プラチナははるか昔、地球に飛んできた隕石に含まれていた金属といわれています。そのため、採掘量が限られているのです。世界のプラチナの年間供給量はおよそ200トンで、これは金の19分の1といわれています。いたるところで様々な金属が使われていることを考えると、200トンという数字がどれだけ小さいかがわかりますね。
プラチナは日本では採掘されず、90パーセントほどが南アフリカとロシア、北米の限られた場所でしか供給されていません。一度に採れる量も限られています。
もしプラチナを持っていて買い取ってほしいという方がいたら、ぜひ株式会社徳をご利用ください。市場規模が小さいため価格が大きく変動することがあるため、今現在の価値をしっかり査定してもらえます。このような特徴があるため資産保全だけでなく、投資素材としての魅力をもった貴金属といえるのです。
プラチナの利用は半分以上が工業用としてで、装飾品や投資用に所持していられるのはとてもラッキーなことです。しかし様々な状況や事情によって手放すことになる場合もあるでしょう。その時の正しい価値を知るためにも、プラチナを買い取ってもらう場合は株式会社徳の利用をおすすめします。

]]>
http://www.rabbot.net/service/tokupltn.html/feed 0
株式会社メノガイアで土間のリフォーム http://www.rabbot.net/real-estate_building/mgdomare.html http://www.rabbot.net/real-estate_building/mgdomare.html#comments Tue, 09 Oct 2018 01:23:46 +0000 http://www.rabbot.net/?p=863 株式会社メノガイアはトータルホームメンテナンスを行っていますが、その中にはリフォームも含まれています。公式ホームページを見ると様々なリフォーム事例が載っているので、これからお願いしたいと考えている方の参考になるのではないでしょうか。
ある会員さんは土間のリフォームをお願いしたそうです。ある日突然庭が陥没したので、会員だったメノガイアにリフォームを依頼しました。庭には家を購入したときから木が植えられていて、どうやらそこから陥没してしまったようです。
リフォームしたことで土の上に砂利が敷かれた状態だった庭が、舗装して木も伐採ししっかりした土間へと生まれ変わりました。
土間、というと昔ながらの日本家屋にあるイメージを持つ人が多いですが、現代の家にも多く取り入れられています。
そもそも土間とは、玄関をくぐり部屋との間にある「屋内の土足で歩けるスペース」のことです。屋根や壁で隔てられているので、屋内にありながら庭代わりにすることもできます。玄関をくぐらない場所に作ることも可能で、その場合先ほど紹介したリフォーム事例のような土間が生まれることもあります。
メリットはいくつかありますが、一番は多目的スペースとして活用できるという点でしょう。土足でも大丈夫なので子どもの遊び場にもできますし、バイクや自転車等外に置かなければならないものを中に置くことができます。関連して収納に使うこともできます。外でない分風雨を避けられるので、道具の劣化を防げます。
メノガイアのリフォームは土間以外にもそれぞれの住宅に合わせたリフォームを行ってくれます。悩んだときはまずメノガイアに相談すれば、解決の糸口が見つかるでしょう。

]]>
http://www.rabbot.net/real-estate_building/mgdomare.html/feed 0
株式会社徳 リサイクルと自然環境 http://www.rabbot.net/service/kankyoutoku.html http://www.rabbot.net/service/kankyoutoku.html#comments Tue, 02 Oct 2018 00:52:10 +0000 http://www.rabbot.net/?p=861 株式会社徳の不要品買取サービスはリサイクルに直結しています。普段あまりリサイクルについて考えないという人もいるかもしれませんが、私たちの生活とリサイクルは深くかかわっているので、他人事と思わず理解を深めてもらえればと思います。
リサイクルについて学ぶ際は、リサイクルと環境について考えてみるとわかりやすいです。
ゴミを出さずにリサイクルすることで、ゴミを燃やした時に発生する有毒ガスを減らすことができますし、ゴミが減れば新たに埋め立て処分場を作ることなく、海岸や森などの自然が守られます。
また、ゴミを燃やすことや埋め立てることには膨大な費用が掛かります。リサイクルを行いゴミが減っていけば、環境が守られ無駄なお金も使わなくて済むのです。
ゴミの多くは天然資源からできています。そのため、燃やしたり埋め立てたりすることは天然資源を無駄に使っているということになります。天然資源には限りがあるので、有効に使っていくためにもリサイクルが必要なのです。
一昔前に比べれば日本の環境はよくなってきているものの、すべての問題が解決されたわけではありません。ゴミ問題もそうです。
私たち一人一人の行動が日本の自然環境の未来を左右するので、無意味なことだと思わずコツコツとできるリサイクルを続けていくべきだと思います。
株式会社徳が行っているような買取サービスは、利用した際損することが一切ありません。査定してもらい、引き取ってもらい、査定額を受け取る、たったこれだけです。
もし家に不用品がたくさんあるという人は、一度サービスを利用してみてください。

]]>
http://www.rabbot.net/service/kankyoutoku.html/feed 0
株式会社徳の買取サービス 骨董品とは http://www.rabbot.net/service/tokukottou.html http://www.rabbot.net/service/tokukottou.html#comments Tue, 18 Sep 2018 01:43:14 +0000 http://www.rabbot.net/?p=858 株式会社徳では様々な不要品の買取サービスを行っています。取扱商品には骨董品もあり、家の中で眠っている価値がわからない骨董品でも、専門スタッフによって正しく査定してもらえます。
骨董品とはそもそも、希少価値のある古い美術品や古道具のことを指します。フランス語ではアンティークと呼ばれますが、そちらもよく知られた呼び名です。あくまで古いことと希少価値が高いことが重要であり、ジャンルは問わないというのが基本のようです。つまり、古くて希少価値が高ければ、日用品でも、子どものおもちゃでも、食器でも、文具でも、すべて骨董品としてみなされます。
骨董品に似せて最近作られたものは、レトロと呼ばれます。レトロの場合そうしたデザインであり大量生産されていることがほとんどなので、希少価値はあまりありません。骨董品と判断するには「昔作られたものである」という要素が欠かせないので注意してください。
日本ではよく骨董市などが開催されています。いわば骨董品のフリーマーケットです。何気なく購入した骨董品が実は有名な作者の隠れた作品だったということもあります。そうした掘り出し物を探す楽しみがあるのも、骨董品の魅力だと思います。
しかし集めすぎて置く場所がなくなってしまったという方や、貰い物があるけれど興味がないからどうしたらいいかわからないといった人は少なくないでしょう。骨董品の買取サービスはそうした人のためにあるのだと思います。
株式会社徳のサービスは利用しやすくメンバーズ特典なども充実しているので、誰でも気軽に買い取ってもらえるでしょう。

]]>
http://www.rabbot.net/service/tokukottou.html/feed 0
株式会社徳で知る、切手の価値 http://www.rabbot.net/service/kittetoku.html http://www.rabbot.net/service/kittetoku.html#comments Tue, 11 Sep 2018 06:52:36 +0000 http://www.rabbot.net/?p=856 株式会社徳では、切手の買取も行っています。「買い取ってもらうほどの価値があるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、古切手一枚に何万円もの価値がついたという話も珍しくはないのです。今でこそ流通数は減少しましたが、1970年代には切手ブームが起き、老若男女問わず切手収集に夢中になる人が続出しました。それだけ大切に扱っていた時代もあったというのは意外ですよね。
では、どのような古切手だと高価になりやすいのでしょうか。
1970年代のブームのころはコレクター同士で活発に交換や売買がされていましたが、現在は株式会社徳のような専門の買取店や、金券ショップでの買取が中心です。もちろん査定スタッフの方は豊富な知識を持っているので、それに基づいて正確に素早く査定を行ってくれます。
価格は、収集ブーム以降に発行されたものはいわゆるプレミア切手のように一枚で何万円もの価値がつくことは少ないようです。反対に、ブームのころに多く収集されていた記念切手は、高価になりやすいです。記念切手とは、何かの企画に基づいて期間限定で発売される切手のことです。もちろん郵便はがきに貼って使うこともできますが、当時の多くの人はコレクション目的で購入していました。現在発行されていないため、記念切手も古切手の一種といえます。
高価な買取を期待するなら、上記の「ブーム以前に発行された記念切手」です。
ブームのころに比べると価値は下がってしまいますが、発行された期間が短かったり、発行された枚数が少なかったりすると比較的査定価格は上がるようです。
また、状態も大切です。日に焼けて色あせてしまっている切手は価値が下がるので、これから収集する人は状態を保つことも考えてください。
もし昔切手を収集していて手放そうと考えている方は、そのまま処分してしまうのではなく一度株式会社徳などで査定してもらうことをおすすめします。

]]>
http://www.rabbot.net/service/kittetoku.html/feed 0